hagiharaのブログ

日記ですよ日記。

『作者を探す六人の登場人物』からの横浜トリエンナーレ

起きたら10時で「あらまあ」と思いつつも事実を冷静に受け止めいくつかの予定を頭の中でキャンセルしておいてKAATというまるでMAGMAのアルバムのタイトルのような建物を目指し歩いて10分ほどにある未だ利用したことのないバス停へと向かう。ちなみにKAATは「神奈川芸術劇場」のことらしい。

https://www.instagram.com/p/BbGUSnmgAMo/
前から思ってたけど"KAAT"ってMAGMAのアルバムのタイトルみたいだよね。#プログレ#Zeuhl

会場に着いたら12:30開場予定が12:45開場になってて「先に言えよ」とか思った。思ったけど、特にTwitterとかで調べたりしたわけでもないのでまあ仕方ない。隣にいた演劇女子みたいなふたりが「スズナリが一番古いんだって」「もともと飲み屋だったみたいよ」と横浜なのに下北沢の話してた。スズナリで観た悪人会議の『ふくすけ』は本当に面白かったなあ。

さて、『作者を探す六人の登場人物』はわりと面白かった。役者さんたちみんな良い感じ。ただ、もともとイタリアの脚本なこともあってみんな役名がイタリア人で、でも「スマホ使ってる」描写なんかがあり、いつのどこの話のつもりで観て良いのか少し混乱した。カーテンコールに演出の長塚圭史が出て来てたけど、相変わらず悪人ヅラだなあと思った。

その後ドトールに移動してマイマップの整理をしたり数学のお勉強をしたりしたあと、横浜トリエンナーレへ。「横浜トリエンナーレ」なのか「ヨコハマトリエンナーレ」なのかどっちなんだろうとずっと思ってたんだけど公式サイトにどっちも表記あるね。なんだそりゃ。

先週は20時までやってたと思うんだけど今日はあまり遅くまでやってないみたいだったので横浜赤レンガ倉庫にだけ行ってみた。が、あんま面白くなかったというか、ピンと来るのなかったなあ。モヤモヤした感じ。面白い抽象画を見たい。

最近腰痛が本格的にひどいもんであまり座り姿勢を取らないようにしてて、寝転がるか立つかしてるんだけど、押入れをスタンドテーブル的に使うとなかなか快適なことを発見した。LED電灯でも買って来るかな。いや、自転車のランプをうまいこと持ち込むと良いのかも。と、節約ではないけど貧乏暮らしをなんとなく楽しんでる。などと言う気持ちの余裕があるときは良いんだけどね。

ではまた。