hagiharaのブログ

日記ですよ日記。

大盛り食えなくなっちゃったね

昨日の話ともかぶるんだけど、なんか大盛り食えなくなっちゃったね。

明日は病院くらいしか予定ないから「よーしご褒美に」(謎)と大盛りにしたら食えなかったというか食えたけど若干気持ち悪い。

これが普通なんだろうなあ。

この調子で痩せればいいんだろうがつい調子に乗って余計なものを食ったりするのでそううまくはいかないのであった。

https://www.instagram.com/p/BkNFnF6BaEb/
中華丼大盛り。そして餃子。

話は変わるけど無視され続けてるときは好き避けと思えばいいじゃん名案と思ったけどきっとそんなにメンタル強くない。

【今日読み終わった本】

体力と体力以外の衰えを感じる

なんかすぐ疲れる。

昨日8時間持たなかったの、風邪っぽさの他にそれがあったのかも。

なかなかスッキリ起きれない。

でもこれは本とか読んで早く寝ないせいだとはわかってる。前よりはよく眠れてると思う。

傘をまたなくした。

前は少し小さな、つまり子供用の黄色とか赤とかオレンジのビニール傘を使ってたけど、それを売ってた幡ヶ谷の文房具屋から遠く離れてしまったし、Amazonとかで探しても気に入るのが見つからない。

気に入るのが見つからないといえばこの3色ボールペンが細くて好きなんだけど、探しても見つからないし、そもそもどこで買ったか思い出せない。キャンドゥだとは思うんだけど。

そしてこの「思い出せない」が一番ひどい。前に台湾に友達とふたりで旅行したんだけど、そんとき僕が朝ごはんの会場で、友達が落としてしまった食器について、ウェイトレスのお姉さんと随分英語で話していたらしい。「はぎはらさんステキ」とかなってもいいシーンなのに何も思い出せない。そんなことがあったと聞いたいまも、ひとかけらも思い出せない。

一度結婚おめでとうって言った友達にまた言ってしまうし(でもそのときは「前も言ったかも」と思ったから「前もって言ったかもだけど」と言ったら「前も言われました」と言われた)、別の子には「まだ未成年だったと思うけど」と言ったら「ハタチになったときすごいおめでとうって言ってくれたのに忘れてるなんて」と怒られるし、なんか、散々です。

こうやっていろんなことを忘れて老いて死ぬのでしょう。

そして、ここに書こうと思ったことをあんまり思い出せなかったのも悲しかった。

あと梅のサラダチキンがあんまりうまくなかったのも悲しかった。

すき家でねぎ玉牛丼を頼んだらねぎが乗ってなくて「あの、ねぎ……」と言ったのも悲しかった。ねぎ玉牛丼について言えば自分で卵を割るスタイルなので不器用な僕はいつもうまくいかないのも悲しい。

LINEの返事とかFacebookのメッセージとか、ちゃんと書かなきゃと思うとつい未読放置が長くなってしまうのも悲しい。とか書くとすぐに返事する相手が「わたしにはちゃんと書いてないんだ?」と思うかもしれないのも悲しい。

友達が勤務先で受けたセクハラというかもはや性犯罪についてその勤務先の問い合わせフォームから送りたいんだけど友達がそれを望んでるわけじゃないから僕には何もできなくて悲しい。本当に悲しい。もっと言うとその友達はきっともう友達じゃないのも悲しい。セクハラのちょい前くらいの段階でその企業には警告というか「こんなことが行われてるからちゃんとした方がいいんじゃないんですか?」って電話したのに防げなかったの悲しい。

良かったこともあって、僕はあまりモノを持ちたくないので扇風機欲しいけどどうしようかなあと悩んでたんだけど、「あ、昔職場で使ってたみたいなUSB扇風機にすればいいんだ」と思って昨日ドンキで買った500円のUSB扇風機がなかなかいい働きをしてるのは嬉しい。

でも本当はもっと他にも嬉しかったことあったはずなのにそれを思い出せずに悲しい。

これを最後に書くと不謹慎みたいに思われたりもするのかもしれないけど、大阪の地震が思ってたのより相当ひどかったみたいなのも悲しい。

テレビを見ないから、昼間、仕事で待ち合わせした駅に置いてあったモニタで初めてひどさを知ったんだ。地震自体はスマホに通知来てて知ってたんだけど。

少し前の5歳の女の子の手紙も悲しい。悲しさを比べるようなものじゃないのはわかってるけど、あれは本当に悲しい。

日記だからしょうがないけど全然まとまりがなく、最後はただの悲しかったことを並べるだけになってしまった。衰えと関係がない。

新宿をブラブラ

今日は仲の良いお友達と新宿をブラブラ。

まずはワンパターンだけどJEAN-PAUL HÉVIN。時間が早かったせいか特に並ぶこともなく入店。椅子の配置が対面ではなく90度なのが先日のキャリアコンサルタントの面接の実技試験を思い出させるので「今日はどのようなご相談でしょうか?」と言ってしまう(言ってない)。店舗のことをブティックと呼ぶのが「ブティック(笑)」と思ってたけどWikipediaによると「フランス語では『小さな店』の意味」らしいので全然間違ってなかった。たしかに狭いし。

https://www.instagram.com/p/BkHzOL7Bi92/
ここのチョコレートドリンクはうまいのう。利きショコラセット的なものを用意してほしい。

その後、90分制のファミレスでダラダラと話したあとは都庁の展望台へ。高いところ苦手なので怖かった。

https://www.instagram.com/p/BkHzXRuhowj/
南の方が北より空いてたんだけどなんでだろ。

ほんでせっかくの新宿なのでC&Cへ。本当は新宿店の方に行きたかったんだけど「立って食べるのは嫌」とのことだったので涙を飲んで新線新宿店へ。定番のコロッケ+唐揚げ+ゆで卵(辛口)にしてしまう。冒険心が足りない。でもうまい。

https://www.instagram.com/p/BkHzd2JBrUa/
シメはカレーですよね。

いつもは8時間くらいダラダラしゃべるのが定番なのだけど、いまいち僕の体調が良くなかったのと、朝図書館に寄って『虚数の情緒』を含む数冊を借り合計7冊を持って歩いてたら腰が痛くなってしまったので5時間半で解散。とても残念。でもずっと話が尽きない友達がいるのはとても良いことだよね。彼氏がいなきゃもっと良いんだけど(かわいそうなオチ)。

虚数の情緒―中学生からの全方位独学法

虚数の情緒―中学生からの全方位独学法

【今日読み終わった本】

お昼ごはんが食べれません

昨日に引き続き今日もお昼休みを取れず。うまく仕事の時間を組めなかった。これで痩せればいいのにね。でも昨日とは違って夜ごはんにアホみたいに食べなかったのでよしとしましょう。

https://www.instagram.com/p/BkFZCvAhZtI/
レバニラじゃなくてニラレバだけどうまかったです。

Twitterの通知欄に思った以上の数が表示されてて怖くて見れません。

ウェザーコンシャスなミーのビジネス

僕のお仕事は若者の就労支援なわけですが、その場合、履歴書の添削とか面接練習とかよりも、「とりあえず家から出て体力付けてみよっか」的な話になることもあるわけです。

で、うちのサポステでは以前から月に一回「清掃活動」というのをやってたんだけど、あんまり人が集まらない。数年前は参加者が10人とかいたときもあったらしいんだけど、僕が転職した去年の6月以降は、たしか2回くらいしかやってなかった。そのうち1回は予約がふたりでひとり来れなくなり、わりとよく話をする女子とふたりで仲良く雑談しながら1時間過ごすという、仕事だかなんだかよくわからないことになってしまった。

というわけでネーミングを変えまして、「散歩しながらゴミ拾い」という名前にしたところ、参加者が増えるようになりました(自画自賛)。

ただ、そうなってくると責任というか、当日の進行とか段取りとかも複雑になってくるわけで、たとえば今日は参加者が7人だったんだけど、どこでどんなタイミングで誰にどう声をかけて、誰と誰に雑談をするように話を仕向けるかとか、いろいろ考えなきゃいかんわけです。

おまけに梅雨じゃん?

いや、正確にはまだなんだけど、今日が雨になるか一週間くらい前からずっと気になってて、雨になったら外でゴミ拾いはできないし、かと言って代わりに何やればいいかって話もあるし、うちのサポステが入ってる建物の館長さんとかに相談して、一応その場合は階段とかを掃除させてもらえることになったけど、階段を掃除する七人衆ってむしろプロの響きあるじゃん?つかそれぞれ得意技持ってそうじゃん?

というわけで、小雨だったこともあり、今日は「しながらゴミ拾い」部分をバッサリとカットしてみんなでお散歩しました(もちろん参加者のみんなの意見を聞いてからね)。

うちのサポステが入ってる建物は入口がちょっとわかりにくいんだけど、正面と裏口どっちから入ってる人が多い?みたいな話を振って正面からのが多かったので裏口からの入り方を解説したり、僕がいつもいくコインランドリーの前を通りながら「午前2時になったら外に出られなくなるから注意ね」とか教えたり、ハローワークの前まで行って「ここのハローワークすげえ綺麗なんだよ」という話をしたり、あとは「ここの焼鳥屋、狭くて3人くらいしか入れないんだよ」「ここのドンキのあの自動ドアは『入口専用』って書いてあるけど実は出れるんだよ」「ここのコムクレープは原宿みたいに並んでないからすぐ買えて嬉しいよ」「ここの猫カフェは店員さんが(略)」など、わりとどうでもいい話を紹介しながら1時間ぐだぐだ歩いてました。

https://www.instagram.com/p/BYDnh5gH8G5/
近所のドンキの「入口専用」「こちらの扉は開きません」という自動ドアが普通に開くので、なんだか強がってても結局はこっちの話を聞いてくれるツンデレなあの娘みたいで妙に愛おしいです。動画で撮れば良かった。

楽しかったと言う人もいれば、そうでもなかった人もいた。

てか、めちゃくちゃ仕事の話書いてるな。これだったら職場のブログで書けば良かったというか、そもそもこんなに細かく仕事の話書いていいんかな。まあいいか、利用者さんの話は書かないようにしてみたし。

あと、隠してるわけじゃないからたまに普通に書くときもあるけど、今回の原稿では「うちのサポステ」とか「うちのサポステが入ってる建物」とかボカしてみました。

でもせっかくなので最後に一覧でリンク貼っておきますね(いろいろ水の泡)。

うちのサポステ コネクションズかわさき(かわさき若者サポートステーション)
うちのサポステが入ってる建物 てくのかわさき
ここのハローワーク ハローワーク川崎北 溝ノ口庁舎
ここの焼鳥屋 焼きとり屋 かってこ (飲み処 よってこ)
ここのドンキ ドン・キホーテ溝ノ口駅前店
ここのコムクレープ コムクレープ溝の口店
ここの猫カフェ 猫式
職場のブログ コネクションズかわさきブログ

これ怒られたりすんのかなー。

Sorry in advance.

そんなことよりコムクレープの店舗一覧のページの、なぜか溝の口店のところだけ、

クレームなどある場合はこちらまでメールでお願いします。

と注意書きが書いてあって、そこにドラマツルギーを感じざるを得ない。

何もない空間(言いたかっただけ)。

なにもない空間 (晶文選書)

なにもない空間 (晶文選書)

あやのさんの作品が届いたよ一週間くらい前だけど

ちょい前に購入したあやのさんの作品が一週間くらい前に届いてたんだけど、いろいろと気持ちとか体とかの余裕がなかったんで開封してなかった。

が、今日はお昼休みに点検のために預けた自転車を就業後に取りに行くため残業をしなかったこともあり、少し時間の余裕があったので開けてみました。

さっそく、ユニットバスのドアノブに設置。これで毎日開け閉めをするたびに、ちょっとずつ作品が壊れていくことでしょう。で、ひもが千切れたときに完成するのかな、知らんけど。

https://www.instagram.com/p/BkARU8aBCuv/
そんな訳であやのさんの作品は45歳のおっさんがひとりで住むワンルームのユニットバスのドアノブに取り付けられました。右下のとかかわいくて暮らしが華やぎますね。

なんか、額に入れて飾るもんでもないと思うしね。そもそもISETANの袋に描かれてるし。あと最初から汚れとかあったし。

なんつーか、そこ込みで楽しむ感覚あるよね。

現代美術の用語でWork In Progress(つまり「ずっと作り中」)ってのがあったような気がしたんだけど、探しても見つからないので、アートなお友達というかお友達のアーティストである阿部浩之くんに聞いたところ、とりあえずWork In Progressで通じるみたいだからまあいいか。誰かバッチリな用語知ってたら教えてください。

ま、ともかく、あやのさんが「完成した作品」として売っていたものを僕が購入して「まだ完成していない作品」という意味付けを勝手にして、日々汚れていったりするところにアート感を感じようとしているわけで、「作品を買ったら何をやってもいいと思ってるのか!」とか言われたら「じゃあ売るなよ」と言うしかないし、有名な絵画をとにかく買って燃やすのもある意味アートだろうし、バーミヤンのあれも、ね。賛成するかどうかとは、別の軸で。地名を守ろうみたいなのもさあ、逆に言うと100年くらい経ったら「あの頃はとにかく『希望ヶ丘』とかいう名前ばっかり付けてて希望に飢えてたんだろうなあ」とかなって、歴史を途絶えさせたこと自体が歴史になるからそれはそれでアリな気がするんだけどなあ。好き嫌いとは別の意味で。

とか、いろいろ書いてたらまるであやのさんを批判してるみたいな感じになってる気がしてきたけど、そういうことではまったくないです。あやのさんもあやのさんの作品も大好きです。あやのさん人妻だけど。ところで上の方でリンク貼ったけど、あやのさんのブログってもう何年も更新されてないのな。だったらTwitterでも貼っとくか。みんなもファンになりなさい。

あやの (@yumekaisen) | Twitter

【今日読み終わった本】

45歳のおっさんだけど「45歳のおっさんがJKに好きになられる話」を観てきたよもちろんひとりで

そんなわけで試験も終わって初の休みの日、チャリチャリっとチャリを飛ばして二子玉に映画を観に行って来ました。みんな大好き『恋は雨上がりのように』。

koiame-movie.com

もともとほとんどマンガを読まないのと、メンタルの8割がジェラシーでできてるので原作者の眉月じゅんさんとデビュー前に何度かお会いしたことがあるせいか微妙なジェラシーを発動していたのと(マンガ家になりたいわけじゃないけど。複雑なの僕)、「45歳のおっさんがJKに好きになられる話」を普通に読むには言い訳が必要すぎる気もしてて読んでなかったのだけど、とある若い女子の知り合いが『恋雨』好きで、その女子との話題作りという言い訳ができた僕はアニメを見たり原作を全巻買ったりしたのでした(まだ3巻までしか読んでない)。

で、今日は先日公開された映画をようやく観て、アニメのときは「泣きそう」にはなったけど実際に涙までは出なかった気がするけど今回はちょっと涙も出て、相変わらず小松菜奈はかわいいのかかわいくないのかよくわからんなと思ったりして、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』も読み直したり観直したりしようと思ったけど、映画のあの落とし所の持って行きかたはなくないですかね。ほら僕パターナリズム嫌いだから。帰って急いで「そんな落とし所じゃなかった」ことを確認するためにアニメの最終話を観ちゃったよ。

が、しかし、本当に必要なのは、本編のマンガを全巻読むことなのであった合掌。

何日か前から部屋の掃除をしようと思いつつも眠いので、今度眠れない日は部屋の掃除をしようと思うことにしました。

https://www.instagram.com/p/Bj9bb0qh7Cx/
たまにしか使わないから元が取れてない気がする元を取るもんでもないだろうけど。#俺の手帳が火を噴くぜ#でも診断書は高い#恋は雨上がりのように