hagiharaのブログ

世界に5人くらい存在するかもしれない僕のファンとドッペルゲンガーに送る日記

キャリアコンサルタント試験の過去問でどう間違ったかを分析してみた

というわけで2週間後にキャリアコンサルタント試験の学科を受けるわけだけど、第2回から第7回まで過去問をやってみたので、ここ数日、間違えた部分を復習していた。ちなみに現在公開されているのは第5回から第7回までの過去問かなたぶん。第3回と第4回は少し前にまだ公開されてるときにダウンロードしてた。第2回のは公開されてなかったけど元IT技術者の技を使って「公開されてないもの」をゲットした(単にファイル名にアタリを付けて検索しただけ。検索に引っかかってる時点で「公開されてる」んだけどね)。第1回は見つからずだったので断念。

で、いつも勉強で使わせてもらっている「みんなで合格☆キャリアコンサルタント試験」の過去問解説を参考に各問題の分野を調べ、どの分野で失点してるか分析してみた。

まず、上位が以下のような感じ。

分野名 誤答数 出題数 誤答率
言語的コミュニケーション 1 1 100.00%
グループアプローチの技能・知識 3 7 42.86%
学校教育制度及びキャリア教育の知識 5 12 41.67%
労働市場の知識 4 11 36.36%
社会及び経済の動向並びにキャリア形成支援の必要性の理解 3 12 25.00%

出題が1回しかなかったやつはまあ置いといて、学校教育まわりとか労働市場まわりとか、漠然と苦手だなとは思ってたけど数字化できて良かったな。

あと、出題数が多い中そこそこ間違ってて、ちょっと注意しないとなやつは以下。

分野名 誤答数 出題数 誤答率
職業能力の開発の知識 4 18 22.22%
労働関係法及び社会保障制度の知識 4 18 22.22%
カウンセリングの技能・知識 6 31 19.35%
人事管理及び労務管理の知識 4 21 19.05%
個人の特性の知識 3 16 18.75%
キャリアに関する理論 7 42 16.67%

もうあまり時間もないので、苦手なところをきちんと取れるように勉強して、がんばっていきたいと思います。あと、もともとキャリアコンサルタントの勉強するようになった理由は、職場の会議に出席していると「労働関係法及び社会保障制度」まわりの知識が足りないなと痛感したからでもあり、そのあたりもがんばって行きたいです。

いつもお世話になってるんで「みん合」へのリンクも貼っときまーす。

www.career-consultant.info